スピーディーに定款認証

新潟県内で迅速な会社設立をサポート致します。
司法書士法人トラストの商業・法人登記事務担当の佐々木と申します。

 
 

先日のブログ『コロナ渦でも設立増えています』でもお伝えいたしましたが、会社設立が増えております。
弊所も8月はご相談を含めて4件のご依頼を頂いておりますのでこれからどんどん件数が増えるのではないかと期待しております。

 
 
2020年は、東京商工リサーチによりますとコロナ渦ということでマイナス成長に転落した日本経済に伴い、年間の設立件数は以前に比べると減少していました。
そんな中でも「システム/ソフト開発」「ウェブ系」など、新型コロナウイルスの感染予防のために企業が実施した出勤規制やリモートワークの拡大により需要が高まった業種の会社設立は増えていたようです。
 
 
しかし、2021年はワクチン接種がこれからどんどん進むことによる事態収束を見込んで、あらゆる業界の会社設立がどんどん増えるのではないかと予想されます。

 
 

 
 

さて、株式会社設立をする際には、まず初めにやらなくてはならない事があります。
定款(会社の規則などを定めたルールブックのようなもの)を作り、公証役場にて定款の認証を受けることです。
 
 
かつては代理人か発起人である本人が『公証役場』の窓口に赴き申請をし、そこで『公証人』から認証を受けなくてはなりませんでした。
だいたい時間にして1時間ほどとなります。

公証役場が近ければ良いのですが、主要都市にしかない為、郊外の方は移動の事も考えるとかなり大変でしょう。
 
しかし時代の流れに沿ってオンライン化が進み、電子申請及びテレビ電話での認証が導入され、簡単に行うことができるようになりました。

弊所でも勿論、お客様からご依頼を頂いた場合、代理人としてオンライン申請認証およびテレビ電話での認証を行っております。

 
 
このテレビ電話を利用しての定款認証ですが、弊所ではいつもパソコンを利用しておりました。

しかし、スマートフォンでも認証可能なのです!

いつも認証をお願いしている公証人の先生よりご教示頂きました。

パソコンの方が良いと思っていたのですが、先生曰く、スマートフォンの方が通信に特化しており、認証時にエラーを起こす確率がかなり低いとの事でした。
 
 

しかも!!スマートフォンで認証可能ということは、どこでも定款認証できるということです。

別件の用事があって外出していても、スマートフォンを持ち歩けば外出先や車の中で認証できるのです。

 
公証人の先生と自分の予定が合わなければ、定款認証の予約を入れることが出来ず、会社設立日を調整しなくてはならないケースも出てくるでしょう。

ですが、スマートフォンで認証すればその問題もほとんど解消できるので
会社設立がスムーズになります。
オンライン化が進んだことも会社設立のハードルが下がっている要因の一つとなっています。

 
 

オンライン化が進んで簡単になっているなら、自分で手続きして費用浮かせることが出来るのでは!?!?

 

とお考えのお客様がきっと多いはずです。
 
 
 
 
しかしいくらオンライン化が進んで手続きが簡単になったからと言って、ご自身で手続きするにはまだまだ大変な事もあります。
そもそも電子定款でないと別途印紙代として4万円余計にかかりますし、さらにはテレビ電話での認証も出来ないのです。
ですから、電子定款を作成するための準備が第一段階として必要となります。
 
 
 
 

ところが!!
電子定款を作成するための準備には時間と費用がかかります。
 
 
 
 
個人で電子定款を作成する場合、定款をWordなど作ってそれをPDF形式に変換、そしてその文書にマイナンバーカードに内蔵されている電子署名というのを付ける必要があります。

順序としては

➀ マイナンバーカードを発行してもらう

マイナンバーカードに内蔵されている電子証明書を利用して電子署名を行います。
もっていない場合は発行まで1か月くらいかかります。

 

➁ ICカードリーダーライターを購入する

マイナンバーカードで電子署名を行うには、カードに内蔵されているICチップを読み取らなくてはなりません。そこでカードリーダーライターが必要となります。

 

➂ 『Adobe Acrobat』を購入ダウンロードする

ICカードリーダーライターで読み込んだ後は、実際にPDFに電子署名を行うためのソフトが必要です。
『Adobe Acrobat』という月額でおおよそ3000円の有料ソフトをダウンロードしなくてはできません。

 
➃ PDF署名プラグインソフトをダウンロードする

『Adobe Acrobat』をダウンロードしただけでは電子署名が出来ません。
無料ソフトではありますが、わざわざダウンロードしなくてはなりません
 

➄ 申請用総合ソフトをダウンロードする

電子署名をした定款は電子申請をしなくては意味がありません。
申請するための申請用総合ソフト(無料)をダウンロードが必要となります。

 
 

申請までにこれだけの手間が必要となります。
“かなり面倒くさい・高額な費用がかかる”訳ではありませんが、創業期の忙しい時期に自分一人で全てやるにはちょっと大変ではないかと思います。
 
そんな時はぜひトラストにお任せください!!!
 
 
 

弊所ではオンラインシステムも電子定款認証も導入しているのでスピーディーかつ簡単にお手続きをすることが可能です。
書類作成から定款認証、そして登記申請まで丸ごとお手続きをお任せいただけますので、お客様自身があれこれする必要はございません。
 
 
 
また、定款認証前には公証人の先生より内容が問題ないか確認して頂く作業が必要となるのですが、
これが通常1週間程かかってしまいます。

 
ですが、いつもお世話になっている公証人の先生より

 

トラストで作成した定款の内容であれば、いつも問題ないので短期間で確認することが出来ます。

 
 
とのお言葉を頂きました。
勿論、公証人の先生のご協力があってこそですが、短期間で確認作業を完了して頂くことにより、その分定款認証と設立登記申請をスピーディーに行うことができます。

 
 

お急ぎで会社設立をお考えの方、是非司法書士法人トラストへご相談下さい。