機関設計

機関設計について

2タイプについて

機関設計とは

比較的小規模な会社の場合、タイプは以下の二つとなります。

①取締役会非設置会社(株主総会+取締役)

②取締役会設置会社(株主総会+取締役会+監査役)

取締役会を設置すると、業務執行の意志決定は取締役会が行うことになるので、株主総会を開催する必要がなくなります。その結果、迅速に会社経営をすることができるようになります。

また、取締役会があると一般的には、対外的な信用が高くなります。株主=取締役のような会社は、決定機関を別にする意味がありませんので、取締役会非設置会社がよいでしょう。