建設業の会社設立

建設業の会社設立に必要なもの

建設業許可申請とは

建設業の会社設立

会社を設立して建設業を始める場合、「建設業許可」が気になるところです。

法律上、500万円未満(税込、建築一式は1500万円未満)の軽微な工事のみを行う場合は、建設業の許可は不要です。ただし、500万円未満の工事であっても、元請から建設業許可の取得を求められるケースが多いです。建設業許可の取得につきましても是非ご相談ください。