東京商工リサーチの調査によると、2018年の都道府県別の新設法人率は新潟県が最下位だった。新設法人数は2年連続で減少し、初めて休廃業・解散数を下回った。花角英世知事は19年度の重点施策の一つに起業・創業の推進を掲げているが、厳しい現状が改めて浮き彫りになった。人口流出や高齢化を背景に、県内経済の活力低下が懸念されている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45187720T20C19A5L21000/

新潟県の新設法人率が全国最下位で、私共のホームページも「会社設立 新潟」

で2ページ目、このような状況でも例年の3~4倍の依頼が・・

何故かは、私もわかりません。